NORDISKA TYGER(ノルディルカ・ティーゲル)のカーテン


1960年代から70年代、北欧で注目を浴びたスウェーデンのテキスタイル。日本のファンに向けて復刻・再構築され、2020年春、新しいブランド「NORDISKA TYGER」(ノルディスカ ティーゲル)として誕生しました。

 

スウェーデン語でNordiskaは「北欧の」Tygerは「テキスタイル」。そのままのシンプルなネーミングです。

 

1960-70年代の北欧テキスタイルを復刻

ここに、北欧ヴィンテージテキスタイルのバイブルとされる2冊の本があります。多くのデザイナーと深い信頼関係でつながるスウェーデンのテキスタイルコレクター、サラ・アクステイウスの著書『TYGER VI MINNS Fran 1960 – och 70 talen』と『RETRO TYGER VI MINNS』。北欧テキスタイルの黄金期、1960〜1970年代のデザインの宝庫といえるこの2冊に収録されたアーカイブから、「NORDISKA TYGER」のデザインは復刻されました。

当時のオリジナルデザインだけでなく、市場に出回らず眠っていたものや、40年以上の時を経てデザイナー自身が新たに描き足したもの、現代のニーズに合ったカラーリングにしたものなど、当時の北欧の空気を感じさせる貴重なデザインから使いやすく工夫されたデザインまで、幅広く揃っています。

 

ストーリーのあるヴィンテージデザイン

時空を超えて私たちのところにやってきたデザインは、さまざまなストーリーをのびやかに語ります。1960年代から活躍を続けるデザイナーたちの人生、良き時代の懐かしい雰囲気、昔の良いものを甦らせ、今に生かす考え方。「NORDISKA TYGER」は、タイムレスなデザインと素材に選んだオーガニックコットンを通じて、環境保護やサステイナビリティについてもご提案します。

 

北欧の人々と日本人が持つ美の感性とライフスタイルは、共通点が多いことで知られています。みなさんも、北欧の自然や時代の空気が感じられる彼らが親しんできた、懐かしくて新しいデザインを自由に暮らしに取り入れてみませんか?



⇧の写真の生地は「NIPPON]という名前がつけられています。デザイナーも日本にインスピレーションを大いに受けていることが名前からも伝わってきますね。

⇩参考事例


⇧この例のように、生地幅を超えてしまった部分を、無地の布でサンドする方法もあります。


セミオーダーのカーテンもショップページに乗せていますが、テキスタイルを魅せるには、フラットカーテンやシェードカーテンの方が断然おすすめです!!

部屋のテイストに合わせて、1cm単位でのオーダーもできますので、お気軽に一番下の「お問い合わせ」からご連絡ください。